相談支援事業とは?

Q.質問
一般相談支援、特定相談支援、障害児相談支援は同じ人員でできますか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.特定社会保険労務士・行政書士岩本の回答

可能です。ただ、「障害児相談支援」別に申請しなければなりませんし、「一般」と「特定」も申請先が変わる場合があります。

相談支援専門員

相談支援事業は、「一般相談支援」「特定相談支援」「障害児相談支援」に分かれます。

さらに、一般相談支援事業は「地域移行支援」と「地域定着支援」に分かれます。

「地域移行支援」とは、入所施設や精神科病院等からの退所・退院にあたって支援を要する者に対し、入所施設や精神科病院等における地域移行の取組と連携しつつ、地域移行に向けた支援を行うサービスです。

これに対し、「地域定着支援」は、入所施設や精神科病院から退所・退院した者、家族との同居から一人暮らしに移行した者、地域生活が不安定な者等に対し、地域生活を継続していくための支援を行うサービスです。

「特定相談支援」と「障害児相談支援」は、サービス等利用計画についての相談及び作成などの支援が必要な場合に、障がい者(児)の自立した生活を支え、障がい者(児)の抱える課題の解決や適切なサービスの利用に向けて、ケアマネジメントにより支援するサービスです。

「特定相談支援」と「障害児相談支援」は、対象となる方の違い、根拠となる法律の違いだけで、サービス内容はほぼ同じと考えていいと思います。

一般・特定・障害児相談支援サービスを提供するには、定められた基準を満たし、この基準を遵守して運営しなければなりません。

では、具体的にこれら一般・特定・障害児相談支援を行う事業者の要件を見ていきましょう。

指定要件は?

一般・特定・障害児相談支援の指定申請を行うには、人員基準、設備基準等の要件を満たさなければならず、それらの要件を満たしていないと一般・特定・障害児相談支援サービスを行うことができません。

その指定要件を順にみていきたいと思います。

■相談支援事業の人員基準

まず、一般・特定・障害児相談支援サービスの実施に必要な資格を有する人員を配置しなければなりません。

職種
要件
資格等
管理者
1名以上
相談支援専門員との兼務可
相談支援専門員
1名以上
資格等により一定期間の実務経験(3~10年)+研修修了
*一般相談支援事業の場合、地域移行支援または地域定着支援の職務に従事する者のうち、1名は相談支援専門員でなければなりません。

机・いす

■相談支援事業の設備基準

設備については、一般・特定・障害児相談支援サービスの実施に必要な備品、施設の構造、一定のスペースを確保していることなどが求められます。

例えば、運営を行うために必要な広さの専用の区画(事務室、相談室等)、感染症予防に必要な備品などが必要です。

■法人であること

一般・特定・障害児相談支援サービスを行うには、法人でなければなりません。

法人については、株式会社、有限会社、合同会社、合資会社、医療法人、社会福祉法人、NPO法人など、どのような会社形態でも構いません。

すでに運営している法人でも申請を行うことはできますが、事業目的に当該事業を行うことがわかる文言が明記されていない場合、事業目的の変更手続きが必要です。

上記のように、さまざまな要件を満たさないと一般・特定・障害児相談支援事業者の指定を受けることができませんので、指定申請でお困りの方は弊所をご利用ください。

岩本へ無料相談してみる

指定申請手続き代行の流れは?

指定申請を行い、実際に事業が開始できるようになるまで、いったいどれくらいの期間がかかるのか、よくお問い合わせを頂きます。

一般・特定・障害児相談支援の申請から事業開始までの一般的な流れは、以下のような流れになります。

なお、大阪の場合、「特定」と「障害児」相談支援は各市町村へ、「一般」は原則大阪府(政令指定都市・中核市を除く)へ申請することになります。

■相談支援事業指定申請手続きの流れ(大阪府内)

  1. 準備
    相談支援専門員の確保や事業所の選定
  2. 指定申請の予約
  3. 申請書類の作成、添付書類の準備
  4. 机・椅子等の備品の準備
  5. 事業所の図面作成・写真撮影
  6. 相談支援事業指定申請
  7. 審査
  8. 研修会参加、指定書交付
    説明会終了後に指定書が交付されます。
  9. 一般・特定・障害児相談支援事業開始

サービスの詳細はこちら

弊所にご依頼頂いたお客様の声

大阪市 訪問看護 介護予防訪問看護 計画相談支援 障害児相談支援

何度でもご質問させて頂きましても納得できるまで対応変わらずよくして下さりました。

※社名を記載頂いたので黒塗りしておりますが、事業所名の掲載はご了承頂いております。

お客様の声33

Q1.依頼される前にどんなことで悩んでいましたか?

申請書類が多い為、自分自身でスムーズに行えるか心配でした。

Q4.何が決め手となって依頼しましたか?

ご相談させて頂きました時、ご丁寧にご対応下さり、何度でもご質問させて頂きましても納得できるまで対応変わらずよくして下さり、決めさせて頂きました。

Q5.実際に依頼してみていかがでしたか?

お忙しい中、ご丁寧にご対応は変わらず、安心してご相談させて頂くことが出来ました。とても有難く感謝致しております。

指定39
指定書40
指定書41
指定書42
大阪府 合同会社設立 特定 障害児相談支援

話が終わった後、その場で依頼しました。

お客様の声27

Q1.依頼される前にどんなことで悩んでいましたか?

費用がどれ位かかるのかとか、自分で申請したら時間と労力の事とか…。仕事をしながらの準備は大丈夫かなとか、とにかくいろんな面で不安がありました。

Q4.何が決め手となって依頼しましたか?

HPで相談支援事業の流れを説明されていたのと、先生とお会いして話をして、人柄や物腰が柔らかい所に惹かれて、話が終わった時にその場で依頼しました。

金額面も予想していた額よりは安いのも良かったです。

Q5.実際に依頼してみていかがでしたか?

先生に依頼して良かったです。

指定日まで順調に事を進めてくれ、マメに携帯やメールで連絡を取って下さり、解らない事を色々とサポートしてくれ、労働、給与、会社の事等、依頼とは関係ない事もこちらが質問すると、丁寧に教えてくれ、とても感謝しています。

これからも会社の事で依頼したり、相談する事もあると思いますので、次回も何かありましたらよろしくお願いします。

指定書36
指定書37
大阪府

こちらの意向や状況に合わせて対応していただけました。

お客様の声12

Q1.依頼される前にどんなことで悩んでいましたか?

事業種別や人員が多くなり、変更や加算の届け出、新規事業の申請等の業務が煩雑になり困っていた。

Q4.何が決め手となって依頼しましたか?

対応が早く、明確な返答が頂けた事。また、人柄がよかった事。

Q5.実際に依頼してみていかがでしたか?

書類や情報のやり取りもスムーズに行うことができ、こちらの意向や状況に合わせて対応していただけ、安心して依頼することができたので非常に助かっています。

今後もお願いしていくつもりです。

大阪府

今後もリピーターとしてお世話になっていきます。

お客様の声9

Q1.依頼される前にどんなことで悩んでいましたか?

自分で申請手続きをしようと考えましたが、書類の多さに圧倒されたのと、本業に注力しなければならないバランスを考えると、お願いした方がよいのか、という点で悩んでいました。

Q2.弊所を2回以上ご利用頂いていますが、再度弊所をご利用頂いた理由は何でしょうか?

介護に特化した行政書士さんはほとんどいませんので、安心感があります。

また、費用の明確さ、追加料金も一切かからないので、信頼しています。

Q4.何が決め手となって依頼しましたか?

物腰の低さ、知識の豊富さ、とても細かいことまで相談に乗っていただける、挙げるとキリがないです。

Q5.実際に依頼してみていかがでしたか?

日程が詰まっているにもかかわらず、即対応頂き、無事指定書をいただける段階となりました。

ヒアリングシートのやり取りで、こちらが準備しなければならないもの、事業を行う際に気をつけなければならないことも全て理解できました。

今後もリピーターとしてお世話になっていきます。

指定書1指定書2指定書3指定書4

弊所では、経費を無駄にしないよう、また、事業開始が遅れるかもという不安を払拭し、ご希望通り事業が開始できるよう事業所の指定申請手続きを代行させて頂いておりますので、申請手続きが思うように進まず、困っているという方は、弊所までご相談ください。

サービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 TEL:06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ