管理者との兼務はできますか?

Q.ご相談
介護事業所内で管理者と他の職種との兼務はできますか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.特定社会保険労務士・行政書士岩本の回答

大阪では、管理者の業務に支障がない範囲で他の従業者との兼務が認められています。それぞれのサービスごとの兼務の諾否をご確認ください。

ここでいう兼務とは、勤務時間を切り分けることなく、1日の勤務時間を通して両方の職務を行うことを言います。

大阪では、以下のサービス、職種で兼務が認められています。

サービスの種類
兼務可能な職種
管理者・サービス提供責任者
管理者・訪問看護員
管理者・生活相談員
管理者・福祉用具専門相談員
管理者・福祉用具専門相談員
管理者・介護支援専門員
*福祉用具貸与・特定福祉用具販売は、例外的に両方の管理者・福祉用具専門相談員の兼務が可能です。

また、以下のような場合でも兼務が認められます。

例:訪問介護事業所の管理者と訪問看護事業所の管理者(同一敷地内の事業所に限ります)

これらは、違うサービスではありますが、同じ管理者という職種なので兼務が認められているのであって、例えば、訪問介護事業所の管理者・サ責と訪問看護事業所の管理者・訪問看護員と兼務が出来るということではありません。

また、大阪以外の府県に申請する場合は異なる取り扱いになる場合もありますので、管轄の役所にてご確認ください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 TEL:06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ