常勤換算の計算方法は?

Q.ご相談
常勤換算の計算方法を教えてください。

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.特定社会保険労務士・行政書士岩本の回答

常勤換算は、「常勤職員の人数」+「(非常勤職員の勤務時間)÷(常勤職員が勤務すべき時間)」で求められる計算方法のことを言います。

常勤換算

「訪問介護」や「訪問看護」では、常勤換算で2.5人以上などの人員基準が定められています。

では、実際に常勤換算で人員要件を満たすかどうか確認してみましょう。

例:「おおさか訪問介護センター」の勤務時間

なお、「おおさか訪問介護センター」の就業規則による常勤の勤務時間は週40時間とします。

  • Aさん 週40時間
  • Bさん 週40時間
  • Cさん 週30時間
  • Dさん 週20時間

これを上記の式に当てはめてみると、

2+{(30+20)÷40)}=2+1.25=3.2(小数点第2位以下切り捨て)

となります。

単純に、すべての職員の勤務時間を足して、常勤の勤務時間で割っても構いません。

(40+40+30+20)÷40=3.25=3.2(小数点第2位以下切り捨て)

式は少し違いますが、出てくる数字は同じです。

ちなみに、介護・障害福祉サービスでは、以下のとおり常勤換算方法により一定の人員基準の配置が求められています。

サービス
常勤換算による人員基準
2.5人以上
2.5人以上
2.0人以上
2.0人以上
2.5人以上
2.5人以上
2.5人以上

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 TEL:06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ