どういう資格があればサービス提供責任者になれますか?

Q.ご相談
どういう資格があればサービス提供責任者になれますか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.特定社会保険労務士・行政書士岩本の回答

介護福祉士、実務者研修修了者、介護職員基礎研修修了者など、一定の有資格者等はサービス提供責任者(通称「サ責」)になることができます。

サービス提供責任者

「訪問介護」や「居宅介護」、「重度訪問介護」「同行援護」等で配置が義務付けられているサービス提供責任者

どういう資格があれば、サービス提供責任者になることが出来るのでしょうか?

以下のような有資格者、研修修了者は、サービス提供責任者になることができます。

■サービス提供責任者になれる有資格者

介護福祉士
旧ヘルパー1級
実務者研修修了者
看護師・准看護師
旧介護職員基礎研修修了者
初任者研修修了者(旧ヘルパー2級含む)で、3年以上の実務経験を有する者(*1)

(*1)3年以上の実務経験とは、現に就労した日数を通算するものとし、期間は1095日以上、かつ、介護等の業務に従事した期間が540日以上が必要です。

看護師・准看護師は、旧ヘルパー1級修了者とみなされます。

初任者研修修了者がサービス提供責任者になるのは暫定措置であって、できれば早めに介護福祉士の資格を取得させるよう努めてください。

初任者研修修了者(旧ヘルパー2級含む)がサービス提供責任者になる場合、介護報酬は所定の単位数の70%に減額されますのでご注意ください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 TEL:06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ