介護・福祉事業所の開設はどの法人がいいですか?

Q.ご相談
介護・福祉事業所の開設はどの法人がいいですか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.特定社会保険労務士・行政書士岩本の回答

どの会社・法人でも介護・福祉事業所は開設できますが、どんなサービスを行うのかによって最適な法人形態が変わってきます。

事業所の広さ

介護・福祉事業所は会社・法人が運営しなければなりませんので、会社・法人をまだ設立していない場合はまずは会社・法人を設立しなければなりません

会社・法人にも種類、特長がありますので、初めて会社・法人を設立される場合、どの会社・法人を設立したらいいのか迷われる方も多いと思います。

いろいろな事情を考慮して、設立する会社・法人の種類を選んでください。

参考までに、選択基準を少しご紹介致します。

■設立する会社・法人の選び方

  1. できるだけ早く開設したい
    NPO法人等に比べ、営利法人である株式会社・合同会社の方がすばやく設立できます。
  2. 初期投資をできるだけ抑えたい
    株式会社に比べ、合同会社の方が設立費用がかかりません。
  3. 将来の事業計画を踏まえたい
    営利法人よりNPO法人などの非営利法人の方がいい場合があります。

個人的には③の考え方をおススメしますが、将来的な事業計画といっても介護サービスしかやるつもりはないという場合は①・②のいずれかでも問題ないかと思います。

ただ、障害福祉サービスを行う場合は、できれば③のように将来的な事業展開を踏まえて法人を設立されることをおススメします。

介護・福祉事業所の指定申請を行う前に会社・法人を設立しなければならないものの、どういう会社・法人を設立したらいいか悩んでいるという方は、一度弊所にご相談ください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 TEL:06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ