介護・福祉事業所の開業資金はどれくらい必要ですか?

Q.ご相談
介護・福祉事業所の開業資金はどれくらい必要ですか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.特定社会保険労務士・行政書士岩本の回答

従業員数、家賃等によっても変わってきますが、少なくとも開業に要する費用と3ヶ月~6ヶ月分の運転資金は用意しておいた方がいいでしょう。

どれくらい資金が必要?

介護・福祉事業所を開設するには、まず、開業時に必要な開業資金と、事業開始後の運転資金が必要になります。

特に、サービスの提供から2ヵ月後に介護報酬が入ってくることから、「開業資金」だけではなく「運転資金」も考慮しておかないと、事業開始後の資金がないという状況にもなりかねません。

事業所開設にあたっては、開業資金と運転資金を用意するようにしてください。

もちろん、自己資金だけではなく融資等でも構いませんので、開業資金に加え、3ヶ月~6ヶ月程度の運転資金を用意して頂いた方がいいでしょう。

では、開業資金、運転資金でいくらくらい用意したらいいのでしょうか?

■開業資金

  1. 事業所の家賃・敷金・保証金・仲介手数料等
    事業所を借りる際の費用。
  2. 法人設立費・印鑑代等
    新規で事業を始める場合は法人設立費等。
  3. 机・椅子・鍵付き書庫等
    事業所内の設備・備品等の購入費用。
  4. 人件費
    採用・募集にかかる費用。
  5. 保険料
    損害賠償保険の保険料。

■運転資金

  1. 事業所の家賃等
    家賃・水道光熱費等。
  2. 人件費
    給料等の人件費。
  3. 保険料
    労災・雇用保険、社会保険料。
  4. 事務用品費
    事務に必要な事務費用品費。
  5. ソフト利用料等
    介護報酬の請求ソフト等の利用料。

その他、介護事業所の指定申請時に手数料が必要な場合は、役所に納める手数料が必要です。

開業当初にかかる開業資金、毎月かかる運転資金をおおまかに算出し、その上でどれくらい用意すればいいのかご検討ください。

参考までに、一般的な規模の介護事業所(訪問系)であれば、開業資金として50万円~100万円前後、運転資金は月100万円前後ではないかなと思います。

*もちろん、これくらいの額で絶対開業できると保証するものではありません。

開業前に大まかな収支予算をたて、その上で開業準備に取りかかると、後から資金が足りないということもないと思います。

介護・福祉事業所の開設をお考えの方は、一度弊所にご相談ください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 TEL:06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ