児童指導員等加配体制加算(Ⅰ)の算定要件とは?

Q.質問
児童指導員等加配体制(Ⅰ)を取るにはどういう要件を満たせばいいですか?

行政書士・社会保険労務士 岩本浩昭

A.特定社会保険労務士・行政書士岩本の回答

もともとの人員基準に加え、別途、1名以上(常勤換算数)児童指導員等を配置することで、児童指導員等加配体制加算の(Ⅰ)が算定できます。

児童指導員等加配体制加算(Ⅰ)

ややこしいのですが、児童指導員等(有資格者)配置加算とは別に、児童指導員等加配体制加算があります。

児童指導員等加配体制には(Ⅰ)と(Ⅱ)があり、(Ⅰ)については、もともとの人員基準に加え、別途、常勤1名以上の①専門職員(理学療法士等)、または、②児童指導員等、または、③その他の従業者を配置することにより算定が可能です。

*(Ⅰ)の中でも①~③の3つに分かれているということです。

ちなみに、①専門職員(理学療法士等)に該当する有資格者は以下のとおりです。

■専門職員(理学療法士等)に該当する有資格者

  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 保育士
  • 心理療法の技術を有する従業者
  • 視覚障がい者の生活訓練の養成を行う研修修了者

また、②児童指導員等に該当する有資格者は以下のとおりです。

■児童指導員等に該当する有資格者

  • 児童指導員
  • 保育士
  • 強度行動障害支援者養成研修(基礎研修)等(*)を修了した指導員
(*)重度訪問介護従事者養成研修(行動障害支援課程)修了者、行動援護従事者養成研修修了者も対象となります。

なお、児童指導員等加配体制(Ⅰ)の単位数は、上記①~③で以下のように変わってきます。

■児童指導員等加配体制(Ⅰ)の単位数

定員
①専門職員
(理学療法士等)
②児童指導員等
③その他の従業者
10人以下
209/日
155/日
91/日
11人以上20人以下
139/日
103/日
61/日
21人以上
84/日
62/日
36/日

加算の届出をしたいけれど算定要件がわかりにくい、書類の作成が面倒という法人様は、ぜひ弊所をご利用ください。

岩本へ無料相談してみるサービスの詳細はこちら

関連記事

サブコンテンツ

弊所へのお問い合わせ

・お電話 TEL:06-6314-6636(平日9:00~18:00)

・メール お問い合わせ をご利用ください。

このページの先頭へ